スポンサードリンク

ノートパソコンの外付けハードディスク、内蔵ハードディスクで修理方法は変わるのか?

ノートパソコンのハードディスク修理と一言で言っているが、内蔵型ノートパソコン用ハードディスクなのか外付けノートパソコン用ハードディスクの修理なのか?
両者に何か違いは有るのか?結論から言うと内蔵型ノートパソコン用ハードディスクだろうが、外付けノートパソコン用ハードディスクであろうが、ノートパソコンのハードディスクとしての機能としては何も違いはない。外付けノートパソコン用ハードディスクの一番外側の媒体を分解してみればわかると思うが、外付けタイプのものはその媒体の中にハードディスクを内蔵している。
したがって、媒体を分解するだけならば問題はない。
ただし、メーカによる保証期間中に媒体を分解すると保証が効かなくなる可能性があるので、外付けノートパソコン用ハードディスクを分解する時は自己責任において実行すること。
外付けノートパソコン用ハードディスクの修理に関しては極論してしまえば媒体部分の故障以外ではデータの復旧を無視するならば、ハードディスクを交換してしまえばたいてい修理できてしまうと言うことになる。
ジャンパーピンの設定などがあるかもしれないが、ハードディスクの交換やPCの組立てなどの経験があれば簡単に出来るのではないかと思う。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。