スポンサードリンク

ノートパソコンのハードディスクを修理する時、とくかく動けばいいのか?

ノートパソコンのハードディスクの修理をしなければいけないという状況は、だいたい次の二つの状況なのではないのかと思う。
ノートパソコンのハードディスクはどうでもいいから中身のデータを復旧させたいという状況。
データはどうでもいいからノートパソコンのハードディスクを修理してノートパソコンを使えるようにしたいという状況。
後者の時はメーカで修理を頼もうが自分で修理をしようが変わりはない。自分で修理した場合、いらぬ傷をこしらえたりネジをなくす等の可能性は十二分にあるが。物理的にノートパソコンのハードディスクが壊れ故障したのならば、ハードディスクを交換してしまえば修理はできる。というより物理的に壊れたのならばノートパソコンのハードディスクは修理ではなく、交換するより方法はない。
では、ノートパソコンのハードディスクが物理的に壊れたというのがどういった状況かと言うと、起動中に『カラカラ』等といった『音』が聞こえた時。これはハードディスクの中で部品同士が接触した等のとき起きる音だ。この音が聞こえ始めたときは壊れる前兆と言っていいだろう。
逆を言えばこの音が聞こえ始めたら完全に動作しなくなりノートパソコンのハードディスクを修理しなければならなくなくなる前にノートパソコンのハードディスクを交換してしまえば、『ハードディスクが故障した、修理はどうする!』などと言って焦らずに交換することが可能だろう。データに関しても同様だ。何か音が聞こえ始めたらすぐにデータを他の媒体に移し変えればデータ復旧に余計な手間を掛けなくてすむ。
次はデータを復旧させたいと言う時の対応について考える。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。