スポンサードリンク

ノートパソコンのハードディスクは修理できるものなのか?

そもそもノートパソコンのハードディスク故障は修理できるものなのか?と言う点についてだが、
間違いなくノートパソコンのハードディスクが故障したと判断できる時、すなわち物理的に壊れた時はまず修理は出来ない。
では、ノートパソコンのハードディスクを修理できない状況とはどういった状況なのか?
ノートパソコンのハードディスクは故障する前に前兆がある。それまでは聞こえなかった何らかの『音』が聞こえることがあるのだ『カラカラ』『ジージー』『ガリッガリッ』等のこれらの音はノートパソコンのハードディスクが物理的に壊れる前兆だ。
ここでノートパソコンのハードディスクの構造を簡単に説明する事とする。ハードディスク内にはメタル製の薄いディスクが数枚配置され そのディスクにアームと呼ばれる部品がアクセスすることによって データを読み取る。レコード盤を思い浮かべれば分かりやすいだろうか。 ただし、レコードよりは遥かに精密であり大変デリケートである。『ノートパソコンの』とは言ったがサイズが大きいか小さいかという違いだけで、通常のデスクトップパソコンのハードディスクも構造的には変わらない。このアームやメタルディスク等の内部部品が何らかの原因により接触すると前述のような『音』 が鳴り始める。
精密部品であるから音が鳴るような状況と言うのは非常に危険な状況だと言える。よって、そういった時にはハードディスクを修理して元の状態に復元するといった修理は出来ない。出来る事は一部のデータをサルベージする事だろう。
したがって、音が鳴り始める前に早急にデータを避難させれば、いざと言うときに混乱を引き起こす事を未然に防げる。
常日頃からデータは他の媒体にバックアップしておくと良いだろう。では修理可能、もしくは復旧可能といった方がいいかもしれないが、それはどういった状況かと言うと、 前兆なく突然ノートパソコンが動かなくなった、OSが起動しなくなった、などといった時だ。これらの原因はOSのシステムファイルが何らかの原因で壊れてしまった、システムファイルが壊れてしまったなどによるものだ。この時はノートパソコンのハードディスクが故障したと言うよりはOSが故障したと言った方が正しい。したがって、この時はOSの再インストール、修復インストール等と言った手段をとる事により修理は可能である。手元にあると思うが、再インストール用ディスクを使用して元の状態に戻せる可能性もある。
ただし、あくまで全て状況次第ではあるのだが。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。