スポンサードリンク

ノートパソコンのハードディスクの修理費用について

ノートパソコンのハードディスク修理の事やデータの復旧についてはある程度おわかりいただけたと思う。
さて、ではノートパソコンのハードディスク修理には一体いくら費用がかかるのだろうか?
ノートパソコンのハードディスク修理にかかる費用は大体、その修理対象となるノートパソコンのハードディスクの容量で変わる。そしてこのノートパソコンのハードディスク修理代だが、業者によって大きく異なる。
例えば、一方の業者では25GB以上で2万5千円という所もあれば、別の業者では同じ25GB以上で25万円などという所もある。
見積もりの事を初期診断と言う事があるのだが、この段階で代金を取る業者もあれば、初期診断は無料と言う業者もある。サルベージに成功した場合のみ報酬として費用を取るという業者もあるし、成功、失敗に関わらず作業代金として費用を取る業者もある。よって、ノートパソコンのハードディスク修理費用についてはいくらかかるとはハッキリとは言えない、自身の目で見比べる必要があるだろう。
それらを調べる時には、検索サイトでキーワードを打ち込む際、『格安ノートパソコン ハードディスク修理』とか『激安 ノートパソコン ハードディスク 修理』などのキーワードで探してもおそらく本当に格安、激安な業者を見つけるのは難しいと思う。
一軒一軒ピックアップして修理費用を調べるしかないのだが、ポイントは次のようなものになるだろう。
見積もり代金(初期調査費用) はいくらか?ハードディスクの容量による修理代金の上下はあるか?
修理の成功失敗に関わらず費用が掛かるのか?
最後に配送にかかる代金についてだが、修理依頼するノートパソコンのハードディスクを修理業者に託す際、宅配便などで送るのなら、ノートパソコンごと送るより、ノートパソコンからハードディスク本体を取り出し、ハードディスク単体だけ送った方が配送料金は安く上がる事がある。ただし、ノートパソコンのハードディスク、いやハードディスクは全て非常にデリケートで衝撃には弱いものであるから、厳重に梱包して配送するよう。

ノートパソコンの外付けハードディスク、内蔵ハードディスクで修理方法は変わるのか?

ノートパソコンのハードディスク修理と一言で言っているが、内蔵型ノートパソコン用ハードディスクなのか外付けノートパソコン用ハードディスクの修理なのか?
両者に何か違いは有るのか?結論から言うと内蔵型ノートパソコン用ハードディスクだろうが、外付けノートパソコン用ハードディスクであろうが、ノートパソコンのハードディスクとしての機能としては何も違いはない。外付けノートパソコン用ハードディスクの一番外側の媒体を分解してみればわかると思うが、外付けタイプのものはその媒体の中にハードディスクを内蔵している。
したがって、媒体を分解するだけならば問題はない。
ただし、メーカによる保証期間中に媒体を分解すると保証が効かなくなる可能性があるので、外付けノートパソコン用ハードディスクを分解する時は自己責任において実行すること。
外付けノートパソコン用ハードディスクの修理に関しては極論してしまえば媒体部分の故障以外ではデータの復旧を無視するならば、ハードディスクを交換してしまえばたいてい修理できてしまうと言うことになる。
ジャンパーピンの設定などがあるかもしれないが、ハードディスクの交換やPCの組立てなどの経験があれば簡単に出来るのではないかと思う。

ノートパソコンのハードディスクの修理方法はMacとWindowsで違いはあるのか?

アップルコンピュータのマッキントッシュのノートパソコンのハードディスクとWindowsのノートパソコンのハードディスクは構造的にはほぼ変わりはない。したがって、Macノートパソコンのハードディスクの修理もハードディスクが物理的に故障した時の修理方法はWindowsのものと殆ど変わりはないのだ。 ただし、Macのノートパソコンの媒体を分解するにはある程度の知識と経験が必要になるため、ApplecomputerかMacも修理できるという業者に依頼する必要があるだろう。
メーカ側、アップルコンピュータではノートパソコンのハードディスクの交換などはしてくれるだろうが、データの修復、復旧はしない。
したがってノートパソコンのハードディスクを修理するだけではなく、ノートパソコンのハードディスクが故障したことによって取り出せなくなったデータをどうにか復旧したいという時にはノートパソコンのハードディスク修理、データ復旧専門業者に依頼する方が良いだろう。

ノートパソコンのハードディスクを修理してデータの修理、復旧はできるのか?

ノートパソコンのハードディスクの修理しなければいけないという状況において、ハードディスク自体はどうでもいいから蓄積していたデータを復旧させたい、といった時どうすれば良いのか? ノートパソコンのハードディスクが故障して完全に起動しなくなり、中身のデータが見れなくなった。そういった時にノートパソコンのメーカでハードディスク修理を頼んでもデータは復旧しない。
メーカにノートパソコンのハードディスクの修理を依頼した時、ノートパソコンのハードディスク単品を修理すると言う事はない。 ノートパソコン本体にあるハードディスクドライブを丸々交換してOSを入れなおすということになるだろう。つまり、それまで蓄積されたデータは復旧されないという事だ。これは東芝であろうが、SONYであろうが三菱であろうが富士通であろうがDELLであろうがHPであろうが、メーカに関係なく全てそうだ。ノートパソコンを修理に出す際に、データ消失についての同意書なんてものに承認しなければならない。
では、 動かなくなってしまったノートパソコンのハードディスクを修理してデータを復旧する事は出来ないのか?
実はこれを専門に行っている業者がある 。
ハードディスク内のデータを復旧させる事をサルベージと言うのだが、このサルベージを専門に行う業者がある。
そういった業者に頼めばデータのサルベージが出来る事もあるだろう。しかし、完全に絶対にサルベージが出来るかと言うと、それは保証されていない。ハードディスクの損傷の度合いによってはデータの復旧が出来ない事もあるからだ。したがって、ノートパソコンのハードディスク修理をサルベージ業者に頼む時はその辺のことを承知した上で頼む必要があるだろう。

ノートパソコンのハードディスクを修理する時、とくかく動けばいいのか?

ノートパソコンのハードディスクの修理をしなければいけないという状況は、だいたい次の二つの状況なのではないのかと思う。
ノートパソコンのハードディスクはどうでもいいから中身のデータを復旧させたいという状況。
データはどうでもいいからノートパソコンのハードディスクを修理してノートパソコンを使えるようにしたいという状況。
後者の時はメーカで修理を頼もうが自分で修理をしようが変わりはない。自分で修理した場合、いらぬ傷をこしらえたりネジをなくす等の可能性は十二分にあるが。物理的にノートパソコンのハードディスクが壊れ故障したのならば、ハードディスクを交換してしまえば修理はできる。というより物理的に壊れたのならばノートパソコンのハードディスクは修理ではなく、交換するより方法はない。
では、ノートパソコンのハードディスクが物理的に壊れたというのがどういった状況かと言うと、起動中に『カラカラ』等といった『音』が聞こえた時。これはハードディスクの中で部品同士が接触した等のとき起きる音だ。この音が聞こえ始めたときは壊れる前兆と言っていいだろう。
逆を言えばこの音が聞こえ始めたら完全に動作しなくなりノートパソコンのハードディスクを修理しなければならなくなくなる前にノートパソコンのハードディスクを交換してしまえば、『ハードディスクが故障した、修理はどうする!』などと言って焦らずに交換することが可能だろう。データに関しても同様だ。何か音が聞こえ始めたらすぐにデータを他の媒体に移し変えればデータ復旧に余計な手間を掛けなくてすむ。
次はデータを復旧させたいと言う時の対応について考える。

ノートパソコンのハードディスクは修理できるものなのか?

そもそもノートパソコンのハードディスク故障は修理できるものなのか?と言う点についてだが、
間違いなくノートパソコンのハードディスクが故障したと判断できる時、すなわち物理的に壊れた時はまず修理は出来ない。
では、ノートパソコンのハードディスクを修理できない状況とはどういった状況なのか?
ノートパソコンのハードディスクは故障する前に前兆がある。それまでは聞こえなかった何らかの『音』が聞こえることがあるのだ『カラカラ』『ジージー』『ガリッガリッ』等のこれらの音はノートパソコンのハードディスクが物理的に壊れる前兆だ。
ここでノートパソコンのハードディスクの構造を簡単に説明する事とする。ハードディスク内にはメタル製の薄いディスクが数枚配置され そのディスクにアームと呼ばれる部品がアクセスすることによって データを読み取る。レコード盤を思い浮かべれば分かりやすいだろうか。 ただし、レコードよりは遥かに精密であり大変デリケートである。『ノートパソコンの』とは言ったがサイズが大きいか小さいかという違いだけで、通常のデスクトップパソコンのハードディスクも構造的には変わらない。このアームやメタルディスク等の内部部品が何らかの原因により接触すると前述のような『音』 が鳴り始める。
精密部品であるから音が鳴るような状況と言うのは非常に危険な状況だと言える。よって、そういった時にはハードディスクを修理して元の状態に復元するといった修理は出来ない。出来る事は一部のデータをサルベージする事だろう。
したがって、音が鳴り始める前に早急にデータを避難させれば、いざと言うときに混乱を引き起こす事を未然に防げる。
常日頃からデータは他の媒体にバックアップしておくと良いだろう。では修理可能、もしくは復旧可能といった方がいいかもしれないが、それはどういった状況かと言うと、 前兆なく突然ノートパソコンが動かなくなった、OSが起動しなくなった、などといった時だ。これらの原因はOSのシステムファイルが何らかの原因で壊れてしまった、システムファイルが壊れてしまったなどによるものだ。この時はノートパソコンのハードディスクが故障したと言うよりはOSが故障したと言った方が正しい。したがって、この時はOSの再インストール、修復インストール等と言った手段をとる事により修理は可能である。手元にあると思うが、再インストール用ディスクを使用して元の状態に戻せる可能性もある。
ただし、あくまで全て状況次第ではあるのだが。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。